MED-EL Japan

ご自身または大切な人が難聴でお悩みですか。聴く歓びの再発見を MED-EL Japan がお手伝いします。

MED-EL Japan

MED-EL の創設者であるインゲボルグ・ホフマイヤー博士とアーウィン・ホフマイヤー博士は、40 年近く前に、当時最新のマイクロ電気マルチチャネル人工内耳を発明して世界を変えました。このハイテク機器により、深刻な難聴だった人たちは、聴くだけでなく、かつてなかったほど自由に話したり、学んだり、大切な人と対話したりできるようになりました。

現在では MED-EL 製品によって世界 120 か国以上で数千人の方々が聴力を回復しています。日本では 2001 年以来、当社の専任の専門家が難聴の方々を支援してきました。当社には日本全国を網羅するクリニックのネットワークがあります。各クリニックには、患者様に適した聴覚ソリューションの選定を支援する専門家が常駐しています。当社とともに、聴力回復に向けた第一歩を踏み出しましょう。

きこえの仕組み

 

外耳

振動である音波は、外耳から入り、中耳に到達して鼓膜を振動させます。

外耳
 

中耳

次に鼓膜が、中耳内にあるいくつかの小さな骨である耳小骨を振動させます。音の振動は耳小骨を経て内耳に伝わります。

中耳
 

内耳

音の振動は、蝸牛に到達すると、有毛細胞と呼ばれる特殊な細胞を刺激します。有毛細胞は、振動を電気神経インパルスに変えます。

内耳
 

聴神経

電気神経インパルスは、蝸牛から聴神経を経て脳の聴覚中枢へと伝わり、音として感受されます。

聴神経
難聴の種類

難聴の種類

難聴のソリューション

難聴のソリューション

さまざまな種類と程度の難聴に対応するための多様な聴覚ソリューション (人工内耳システム、残存聴力活用型人工内耳システム、中耳インプラントシステム、骨導インプラントシステム、骨導聴覚システムなど) があります。MED-EL 聴覚ソリューションについて詳しくは、以下をご覧ください。

人工内耳

CI システム
人工内耳

詳しくはこちら

残存聴力活用型人工内耳 (EAS)

EAS システム
残存聴力活用型
人工内耳 (EAS)

詳しくはこちら

VIBRANT SOUNDBRDIGE

VIBRANT SOUNDBRIDGE
人工中耳インプラント

詳しくはこちら

BONEBRIDGE - bci602

BONEBRIDGE
骨導
インプラント

詳しくはこちら

FAQ

FAQ セクション

「きこえる」とは、耳によって環境から音波が検出され、神経信号に変換されて脳へと伝わり、脳がそれを音として認識するプロセスです。 

詳しくは、 「きこえの仕組み」をご覧ください。

耳の一部が本来の正常な機能を果たしていない場合、音が聞こえにくくなります。そのことを難聴と呼びます。 難聴にはさまざまな原因があり、程度も軽度から重度までさまざまです。補聴器や聴覚インプラントなど、難聴の治療法はたくさんあります。 

各種の難聴について、詳しくはこちらをお読みください。

聴覚インプラントシステムは、補聴器では十分な効果が得られない人の聴力を回復するよう設計されています。

聴覚インプラントシステムは、内部インプラントと外部オーディオプロセッサを組み合わせたものです。人工内耳、中耳インプラント、骨導インプラントなど、さまざまな種類の難聴用に設計された、さまざまな種類の聴覚インプラントがあります。

各種の聴覚インプラントシステムについて、詳しくはこちらをお読みください。

補聴器と聴覚インプラントはどちらも聴力を改善するように設計されていますが、聴覚インプラントは補聴器とは根本的に異なります。

補聴器は音を耳の外からのみ増幅しますが、難聴の程度が深刻であると効果がない場合があります。

聴覚インプラントは音を耳の内側に直接届け、音信号をより効果的に伝達します。聴覚インプラントは、補聴器では十分な効果が得られない人を助けます。

難聴の程度が中程度から重度である場合は、聴覚インプラントをお勧めできます。聴覚専門家に、個別の状況について詳しく尋ねることができます。ご自身に適した聴力の治療法について詳しくお知りになりたい場合は、下の連絡フォームを利用してご連絡ください。お住まいの地域の聴覚専門家と連絡を取れるように手配いたします。 

難聴が重度または深刻であるお子様は、若年でインプラント手術を受けたほうが成功する可能性は高くなります。お子様の成長期の数年間は、脳がとりわけ言語を学習したり、聴覚インプラントに適応したりする対応力が高い時期です。多くの場合、深刻な聴覚障害のあるお子様でも、十分に早くインプラント手術を受けることで、聴覚と発話能力を、難聴でない同世代の子どもたちと同じように発達させることができます。

インプラント手術に最適な年齢は、個々の患者様の状況と医師のアドバイスに応じて異なります。まだ聴覚専門家に相談しておられない場合は、当社が準備した簡単な連絡フォームにご記入いただき、送信してください。お住まいの地域の聴覚専門家と連絡を取れるように手配いたします。

聴覚インプラントの手術を受ける際の年齢制限はありません。受けた方の多くは高齢者であり、聴覚が回復した後に、生活の質が向上したことを喜んでおられます。

回復した聴覚の使い方を学ぶことも 1 つのプロセスです。インプラントを検討されているどの年齢の方にとっても、聴く能力を伸ばすためのリハビリプログラムに参加する意欲を持っていただくことが重要です。

他のすべての手術と同じく、人工内耳にも若干のリスクはあります。ただし、人工内耳手術に関連するリスクは低く、耳に関連する他の手術と同程度です。MED-EL 聴覚インプラントは、体への負担を最小限に抑えた外科手術が可能になるように設計されています。患者様は、起こり得るリスクに関する詳細情報について、医療専門家に相談していただく必要があります。  

標準的な聴覚インプラント手術は 1 ~ 3 時間かかります。たいていの場合、患者は手術の翌日には元どおりに活動できるようになります。入院期間は、地域の慣行によっても異なりますが、通常は 1 日ないし数日です。

金属探知機やセキュリティチェック装置がインプラントの機能に影響を与えることはありません。ただし、インプラントには金属部品があるため、MED-EL はセキュリティチェックポイントで使用していただける証明用 ID カードを提供しています。

はい。聴覚インプラントをご利用でも、ほとんど制限なく活動的な生活を送ることができます。個別の状況に応じた情報については、かかりつけの医師または聴覚専門家にお問い合わせください。

一般的に、ヘルメット着用が普通であるような活動においては、当社はその着用を推奨します。インプラント手術を受けた領域を直接的な衝撃から保護することが重要です。水上競技に参加するときは、防水 WaterWear カバーでオーディオプロセッサを保護する必要があります。強い静電気を発生させる可能性のあるプラスチック製遊具で遊ぶ場合は、事前にオーディオプロセッサを取り外してください。 

MED-EL 聴覚インプラントシステムは最新式ですが、音響処理やその他の技術は常に開発され新たな進歩を遂げています。簡単なフィッティングにより外部オーディオプロセッサを更新することで、再手術の必要なく、最新のテクノロジーにアップグレードできます。 

これらのアップグレードしやすいシステムにより、MED-EL 聴覚インプラントの装用者様には、現在でも将来においても最新の革新的技術を活用していただくことができます。

MED-EL 聴覚インプラントシステムの手術を受けることについて詳しくお調べになりたい場合は、当社が準備した簡単な連絡フォームにご記入いただき、送信してください。お住まいの地域の聴覚専門家と連絡を取れるように手配いたします。一連のいくつかの評価を行うことで、聴覚専門家はお客様に適した聴覚ソリューションを見つけることができます。 

次のステップへ

次のステップへ

手順についてご説明します。人工内耳の手術を受けるプロセスは、おおまかに言って次のようになります。

  • まず、聴覚専門家による指導の下、聴覚検査を受けます。その結果、どのソリューションがお子様の聴覚に適しているかがわかります。聴覚障害があると判定された場合、最初は補聴器での治療になります。
  • 補聴器では十分な音量の増幅が得られない場合、人工内耳がお子様に適したソリューションである可能性があります。したがって、人工内耳が次のステップということになります。当社はお客様のお住まいの地域の近くにいる専門家を探すお手伝いをいたします。簡単な連絡フォームにご記入いただき、送信してください。これは安全でごく一般的な手術です。医師の判断により、お子様は 1 日か 2 日入院する場合もあります。
  • インプラント手術の約 4 週間後に、インプラントを起動することができます。聴覚専門家がお子様に合わせてインプラントをプログラムし、使用方法全体を説明します。これは、お子様が新しい耳聞く初めての体験になります。
  • インプラント手術後の最初の数週間は、音量が一定の間隔でわずかずつ増加し、脳が徐々に新しい音に順応します。
  • 最初の 1 年間は、お子様の聴覚を正しく発達させるためのリハビリが必須です。全国の CI センターでリハビリが実施されています。詳しくは最寄りの CI センターにお問い合わせください。

MED-EL を選ぶ理由

MED-EL は、難聴向けのソリューション提供のための技術革新を追求するグローバルな最先端企業です。当社が提供する人工内耳システム、残存聴力活用型システム、中耳インプラントシステム、骨導システムにより、世界中で 20 万人以上の方々の聴覚が回復しました。MED-EL 聴覚ソリューションをそれほど多くの方々に選択していただいているのには、次のような理由があります。

MRI 検査時の安全性

MED-EL の人工内耳は、磁石を外さなくても、3.0 テスラでの MRI スキャンを受けることができます*。

先進の技術

MED-EL は 40 年以上にわたって聴覚インプラントの世界をリードしてきました。最新のサウンドコーディングから最先端の電極アレイまで、当社のすべてのデバイスは、考え得る最高の聴覚を提供するように設計されています。

信頼性の高いインプラント

ヨーロッパで設計・製造され、数十年の経験が詰め込まれている MED-EL インプラントは、長年途切れることのないきこえを実現します。

生涯にわたるサポート

インプラントは生涯利用するものであり、MED-EL とお客様との関係も生涯にわたるものになります。お問い合わせの内容がどのようなものであっても、当社の優れたサポートをいつでもご利用いただけます。


* SYNCHRONY 内耳インプラントを受けた方は、使用説明に掲載されている条件に従った場合、0.2、1.0、1.5、3.0 テスラの MRI を安全に受けていただけます。

MED-EL へのお問い合わせ

MED-EL Japan へのお問い合わせ

聴力回復に向けた第一歩を踏み出しましょう。MED-EL Japan がお手伝いします。まずは、以下のフォームにご記入いただき、送信してください。

Google マップで開く

 

住所:
郵便番号 101-0062 
東京都千代田区神田駿河台 2-1-20
お茶の水ユニオンビル 5F

 

お問い合わせ:
電話番号:03-5283-7266
Fax:03-5283-7265
office-japan@medel.com

MED-EL は、このフォームで提供していただいた情報を使用して、お客様と連絡を取るとともに、最新情報や製品のご案内を配信いたします。配信方法として、ご希望のものをすべてお選びください:

配信停止を希望される場合は、お送りしたメールの下のほうにある解除リンクをクリックするか、または marketing@medel.com までご連絡ください。お客様からお寄せいただいた情報は慎重にお取り扱いしております。当社におけるプライバシーの取り扱いについて詳しくは、プライバシーポリシーページをご覧ください。以下をクリックすることで、当社がこれらの条件に従ってお客様の情報を取り扱うことに同意していただいたことになります。