残存聴力活用型人工内耳

高音が聞こえにくい場合は、残存聴力活用型人工内耳 (EAS) システムがどのように音を聴くことの喜びを楽しむ助けになるかをお調べください。

EAS とは

他の音と比べて聴き取りやすい音がありますか。人の話がいつもつぶやきのようにしか聞こえませんか。補聴器の効果が十分に感じられませんか。

こうしたことに心当たりがあるなら、高音域がきき取れていない可能性があります。高音域が聞こえないのは、高周波難聴と呼ばれるタイプの難聴です。このタイプの難聴は、子どもにも大人にも共通して見られます。

EAS は、高音用の人工内耳技術と低音用の補聴器技術の 2 つの技術を組み合わせたものです。1 つのデバイスで 2 つの異なるテクノロジーを使用することにより、全範囲の音を聴き取れるようになり、友人との会話、音楽を聴くこと、日常生活でのコミュニケーションははるかに簡単になります。

EAS の解説画像
低周波音
高周波音
耳構造 SYNCHRONY EAS 1 2 3

低音 - 補聴器技術

  1. 音はオーディオプロセッサのマイクによって拾われます。
  2. 低音は増強され、イヤモールドを介して耳に送られます。
  3. これらの音は蝸牛によって処理され、脳に送られます。 
耳構造 SYNCHRONY EAS 1 2 3

高音 - 人工内耳技術

  1. 音はオーディオプロセッサのマイクによって拾われます。
  2. 高音は電気信号としてインプラントに送られます。
  3. これらの音は蝸牛によって処理され、脳に送られます。 
EAS のメリット

聴く以上のことを意味する

EAS は聴覚の向上に貢献してきた実績があります。聴覚が向上すると、生活の中で次のような多くのメリットが得られます。

  • 友人との交流をもっと楽しめます
  • 家族の絆がさらに深まります
  • レストランなどのノイズが多い環境でも聴き取りやすくなります
  • 電話の通話が聴き取りやすくなります
EAS システム
EAS 聴力温存

パーフェクト・マッチ

EAS システムは、インプラントとオーディオプロセッサの 2 つの部分で構成されています。オーディオプロセッサは頭部に外付けとなり、耳に快適な付け心地で装着されます。これには周囲の音を拾うマイクが含まれており、それらの音を耳のインプラント とイヤモールドに送ります。就寝時を除いて、オーディオプロセッサは 1 日中装着することになります。

インプラントは皮膚のすぐ下に外科的に埋め込まれ、オーディオプロセッサと連携して、実現し得る最も自然な音を聞くことができます。 システムのこの部分 は長年使用されることになるため、インプラントを選択する際には将来を念頭に置いておく必要があります。

easyMRI 
SYNCHRONY 人工内耳 (黒)

EAS の SYNCHRONY

優れた音質は、優れたインプラントでのみ可能です。SYNCHRONY を使用すると、最新の EAS 技術に加えて、利用可能な最高度の MRI 安全性を活かすことができます。

しかし、SYNCHRONY の最大の利点は、その非常に柔らかい電極にあります。MED-EL の電極と、それらが聴覚を最大限に引き出すのにどのように役立つかをお調べください。

SONNET EAS オーディオプロセッサ

毎日利用するものとして設計

軽量で快適な装用感の SONNET EAS は、理想的なオーディオプロセッサです。耐水設計であり日常的に利用できるため、SONNET はさまざまな方法でご自分のスタイルに合わせることができます。

さらに、デュアルマイク技術により、SONNET EAS はさらに優れた音質となっています。


SONNET EAS
SONNET EAS を使用する子ども
 利用者の体験談
「インプラントを選んでから、生活の質は大きく変わりました」

次のステップへ

次に予期される事柄人工内耳を埋め込むプロセスの概要は次のとおりです。

1

診察

まず、一連のいくつかの評価を受けて、EAS の候補者であることを確認し、考慮すべき別の要素がないかどうかを確認します。臨床チームはあなたとご家族に、続くステップでどのようなことが予期されるかについて詳しく説明します。

2

埋め込み手術

外科的処置は簡単であり、通常、全身麻酔または局所麻酔のいずれかを受けて 1 〜 2 時間で済みます。患者は通常、翌日には元どおりに活動できるようになります。個々のニーズや地域の標準によっては、入院期間が 1 日以上続く場合があります。 

3

音入れ

埋め込み手術を受けて約 4 週間後に、最初のフィッティングが行われます。この「音入れの日」は、聴覚専門医がオーディオプロセッサの電源を初めて入れて、新しい音を初めて聴くことができる日です。プロセッサのオーディオ設定は、聴覚の好みに合わせて調整されます。

4

リハビリテーション

音入れ後は、EAS システムを利用した聴覚に適応できるように、リハビリプログラムについて行くことが重要です。インプラントを最大限に活用するには、リハビリが不可欠です。リハビリは、音声言語療法士と一緒に、自宅でのリスニング演習によって行うことができます。