MAESTRO®
人工内耳システム

MAESTRO®人工内耳システムは、高度 感音難聴で、補聴器の装用効果が不十分な方のための医療機器です。MAESTRO®人工内耳システムは小さなお子さまから成人の方まで、失聴期間に関わらず使用することができます。

人工内耳は、蝸牛の神経を電気刺激します。 信号は、聴神経を介して脳に伝達され、音として認識されます。人工内耳は、体内および体外機器で構成されています。

体内機器(インプラント)
インプラントは、耳の後ろの側頭骨に埋め込まれます。
蝸牛に挿入する電極アレイは、できる限り蝸牛に対する侵襲性が少なくなるように工夫されています。
 



体外機器(オーディオプロセッサ)
オーディオプロセッサは、コントロールユニット、バッテリーユニット、および皮膚を通してインプラントに信号を伝達する送信コイルから構成されています。 設定の変更は、ファインチューナー(リモコン)で行いますので、本体には電源以外のスイッチの無いスイッチフリーのデザインです。






 

オーディオプロセッサには耳かけ型のOPUSとコイル一体型のRONDOがあります。

 

© 2017 MED-EL