人工中耳VSBの適応

音を増幅する補聴器とは異なり、人工中耳VSBは音を機械的振動に変換します。この機械的振動で中耳構造を刺激し、高周波数の音知覚を実現します。この機械的エネルギーは、中耳構造を刺激し、高周波の音知覚を実現するのに使用されます。人工中耳インプラントシステムは補聴器の代替となる治療法です。
1996年以来メドエルの 人工中耳VSBシステムは、現在世界で広く使われている人工中耳システムです。何千人もの患者さんが世界でこのシステムの恩恵を受け、20年の歴史があります。新しいSAMBAオーディオプロセッサが、あなたのきこえをもっと鮮やかにします。

人工中耳インプラントシステムのメリットを享受できるのはどのような方でしょうか?

人工中耳VSBは、従来の補聴器で効果が十分に得られない方向けです。つまり従来の補聴器を使用できない、または効果がない方、そして他の補聴機器の効果がない方向けのシステムです。人工中耳VSBシステムは伝音難聴または混合性難聴と診断された方のために承認されています。人工中耳VSBシステムの振動子(FMT)は、刺激しようとする中耳構造にだけ1点固定されます。人工中耳VSBは頭蓋骨の成長に影響されません。

人工中耳VSBの適応
 

© 2017 MED-EL