Triformance
自然なきこえのために

深く豊かな音の世界を楽しみ、会話や音楽を自然にきき取る-すべてTriformanceが目指すものです。Triformanceはメドエル独自の3つの技術を融合したものです。3つの技術が共に機能することで、きこえの可能性を最大限に引き出します。

Triformance

SP

内耳の繊細な神経細胞を温存することで、音を明瞭に、正確に認識するためのしっかりとした土台をつくります。

CCC

自然な音域のきこえを再現するためには、蝸牛全体を刺激できる長い電極が必要です。

FH

FineHearingコード化法が生み出す深みのある低音が、豊かなきこえをサポートします。

Triformance、その違いをきく

音楽音声を選択し、下の再生ボタンをクリックするとTriformanceの高い技術を体験できます。

音楽
Dave Brubeck—Take Five

音声
男性の声

  • 音の再現度が低い
    限定されたスペクトル

  • 音の再現度が中程度
    蝸牛の全体を活用した場合のスペクトル

  • Triformance
    Triformanceの要素を全て使用した場合のスペクトル

蝸牛内での電極挿入位置

範囲

音のスペクトル

この“きこえサンプル”は、Triformance によるきこえをわかりやすくするために作られたシミュレーションです。メドエル人工内耳装用者のきこえを再現したものではありません。人工内耳によるききとりは、さまざまな要素により異なります。

© 2017 MED-EL