きこえの仕組み

  1. 音は外耳道から入り、鼓膜を振動させます。
  2. 鼓膜が音により振動します。
  3. 音の振動は耳小骨を通り、蝸牛に伝わります。
  4. 音の振動が、蝸牛内のリンパ液を振動させます。
  5. リンパ液の振動により、有毛細胞が動きます。有毛細胞が神経信号を生み出し、聴神経がその信号をとらえます。蝸牛の入口寄りにある有毛細胞が高周波数の音の情報を、蝸牛の奥にある有毛細胞が低周波数の音情報を送ります。
  6. 聴神経が信号を脳に送り、脳で音として認識されます。

© 2017 MED-EL