CCC

蝸牛全体刺激
幅広い周波数の音

 

メドエルは、装用者の皆様へ最高のきこえをお届けすることを重視しています。メドエル人工内耳の蝸牛全体刺激により、豊かで自然な音質をお届けします。  

蝸牛 は小さいカタツムリのような形をしており、機械的な振動を神経インパルスに変換します。この変換は、音の振動に反応する特殊な神経細胞により行われます。この神経インパルスは聴神経を介して脳に送られ、 脳で音として認識されます。 

神経細胞は蝸牛全体に存在し、神経細胞の場所によって反応する音の高さも異なります。  これを、トノトピシティ(場所情報)と呼びます。通常、低周波数の音は蝸牛の先端部にある神経線維を刺激し、高周波数の音は基底部の神経線維を刺激します。  

音の高さによって蝸牛の反応する部分も異なります。

蝸牛全体刺激(CCC)とは?

長い電極を使い蝸牛全体を刺激することを蝸牛全体刺激といいます。蝸牛全体刺激には、基底部から先端部まで蝸牛全体に、長く柔軟な電極アレイが使われます。電極アレイが短ければ先端部の神経線維に届かず、蝸牛の限られた部分しか刺激できません。   MED-ELの開発した長く柔軟な電極アレイは、蝸牛に存在する神経線維を隅々まで刺激します。この蝸牛全体刺激こそ、低音から高音まで音を幅広くきき取るためには不可欠なのです。   

Triformance
テクノロジーの相乗効果

メドエル独自の技術(蝸牛内組織の温存、蝸牛全体刺激、FineHearing)を融合したTriformanceにより、メドエル人工内耳の装用者に最適なきこえを届けることを目指しています。この3つの技術の相乗効果により、優れたきこえをお届けします。

Triformanceを構成するFineHearingが豊かで自然な音を与え、きこえの可能性を引き出します。

FineHearing™
豊かなきこえを実感

FineHearing は低音部を含めた幅広い音を生み出す音声コード化法です。これにより豊かで自然な音をお届けします。

続きを読む

蝸牛内組織の温存
きこえる未来のために

蝸牛内組織の温存によって、現在も未来も人工内耳の恩恵を享受できるようになります。蝸牛内の外壁への配置を可能にする柔軟な電極が繊細な神経組織を温存し、きこえの未来を守ります。

続きを読む

蝸牛全体刺激
幅広い周波数の音

蝸牛全体刺激は自然なきこえのために幅広い周波数の音を提供します。蝸牛全体刺激には、基底部から先端まで届く、長く柔軟な電極アレイが必要です。

続きを読む

© 2017 MED-EL