ミシェル

ミシェルは突然聴力を失いました。
彼女の強く前向きな心と人工内耳によって
仕事への復帰を果たし、
家族との生活も元に戻りました。

体験を見る

ミシェル

ミシェルは突然聴力を失いました。
彼女の強く前向きな心と人工内耳によって
仕事への復帰を果たし、
家族との生活も元に戻りました。

体験を見る

ドン

RONDOは全く新しい快適さと便利さを
ドンにもたらしました。
RONDOは小さく軽量なので、
装着していることを忘れることもあるそうです。

体験を見る

人工内耳
MAESTRO人工内耳システム

もしご自身やご家族が難聴にお困りであれば、メドエルの人工内耳が有効な治療法になるかもしれません。人工内耳は、高度から重度の感音難聴に対応する治療法です。感音難聴の場合、補聴器の効果はほとんど得られない場合があります。

生活の場面で一人一人に合ったきこえをお届けするメドエル人工内耳はたくさんの方にお選び頂いています。特に音楽鑑賞や難しい状況でのききとりに最適な機能を備えています。

人工内耳システムは、体内装置のインプラントと体外装置のオーディオプロセッサから構成されます。

人工内耳の仕組みをご覧ください。

ベストな選択
あなたに合ったオーディオプロセッサを

送信コイル一体型のRONDO、耳かけ型のOPUSのどちらをお選び頂いても同様の機能が備わっています。いずれのプロセッサにもメドエル独自の高度な技術を採用し、質の高いきこえをお届けします。

NEW

人工内耳用オーディオプロセッサSONNET


SONNET

耳かけ型オーディオプロセッサ

  • マイクロフォン指向性
  • 風切音の軽減
  • 防滴設計

2つのマイクロフォンの技術を持ったSONNETはハンズフリー操作と様々な環境下で快適なきこえをお届けする自動音声マネージメント2.0を備えています。SONNETは防滴性で軽量、チャイルドロック機能も付いているので、大人にも子どもにも理想的なプロセッサです。

動画を見る SONNETについて詳しく読む

人工内耳用オーディオプロセッサRONDO


RONDO

コイル一体型オーディオプロセッサ

  • コンパクトな一体型デザイン
  • 快適で目立ちにくい
  • ウォーターウェアで完全防水

RONDOは、コントロールユニット、バッテリーユニット、送信コイルがコンパクトに一体に納まった便利なオーディオプロセッサです。RONDOは耳にかけずに使用できるため、眼鏡を常用している人は特に快適さを感じられます。ウォーターウェアを使うことで、完全防水になりどこへでも着けて行けます。

ウォーターウェアの動画を見る RONDOについて詳しく読む

インプラント

CONCERTO

CONCERTOは安全性とパワフルな性能を兼ね備え、蝸牛内の電極コンタクトへ音情報を高速かつ正確に伝達します。厳しい安全基準に基づき開発され、長期間の使用にも耐えられる小さく・軽量なチタン製人工内耳です。


今と未来により良いきこえを

電極アレイは、埋め込み型のテクノロジーと、内耳の神経線維を繋ぐ部分になります。メドエルが独自に開発した柔らかくしなやかな電極アレイは優しく蝸牛に挿入できるため、繊細な蝸牛内組織を傷つけにくくなっています。

MED-ELの電極について詳しく読む
詳しくはこちらの動画をご覧ください

Triformance

メドエルの人工内耳装用者へ最高のきこえを届けることこそが私たちの目標です。メドエル独自の3つのテクノロジーを融合したTriformanceで、聴力を最大限に引き出します。

蝸牛全体刺激

すべての音がきき取れるよう蝸牛全体を刺激し、自然なきこえを届けます。

蝸牛全体刺激について詳しく読む

蝸牛内組織の温存

きこえる未来のために、繊細な蝸牛内組織を守ることを蝸牛内組織の温存と言います。これにより、現在も未来も装用者様それぞれの最大限の聴力の可能性を引き出せるようになります。

蝸牛内組織の温存について詳しく読む

FineHearing™

豊かなきこえを実感できるFineHearingテクノロジー。細かい音声情報を処理することで250種類のピッチを届け、幅広い周波数の音がきき取れるようになります。

FineHearingについて詳しく読む

Triformanceとは、蝸牛内組織の温存、蝸牛全体刺激、FineHearingが組み合わさることで生み出される相乗効果を表します。

この3つのテクノロジーが融合することで、聴力が最大限に引き出されます。蝸牛内組織の温存のために、柔軟な電極アレイが蝸牛全体に優しく挿入されます。つまり、繊細な蝸牛内組織を温存すると同時に蝸牛全体刺激が可能になります。蝸牛全体刺激によって蝸牛全体にFineHearingテクノロジーが届けられ、幅広い周波数の自然な音をきくことが出来るようになります。FineHearingテクノロジーは、蝸牛内組織の温存によって繊細な蝸牛が温存されている場合に最大限の効果を発揮します。

以上3つのテクノロジーは単独でも十分な効果がありますが、組み合わさることで生まれる相乗効果がメドエルの人工内耳装用者へ自然なきこえを提供します。

Triformance

メドエルの人工内耳装用者へ最高のきこえを届けることこそが私たちの目標です。メドエル独自の3つのテクノロジーを融合したTriformanceで、聴力を最大限に引き出します。

3つのテクノロジーとは

蝸牛全体刺激

すべての音がきき取れるよう蝸牛全体を刺激し、自然なきこえを届けます。

蝸牛全体刺激について詳しく読む

次へ

蝸牛内組織の温存

きこえる未来のために、繊細な蝸牛内組織を守ることを蝸牛内組織の温存と言います。これにより、現在も未来も最大限の聴力を引き出せるよう目指しています。

蝸牛内組織の温存について詳しく読む

次へ

FineHearing™

豊かなきこえを実感できるFineHearingテクノロジー。細かい音声情報を処理することで250種類のピッチを届け、幅広い周波数の音がきき取れるようになります。

FineHearingについて詳しく読む

次へ

Triformance
最高のきこえを届けるために

Triformanceとは、蝸牛内組織の温存、蝸牛全体刺激、FineHearingが組み合わさることで生み出される相乗効果を表します。

この3つのテクノロジーが融合することで、聴力が最大限に引き出されます。蝸牛内組織の温存のために、柔軟な電極アレイが蝸牛全体に優しく挿入されます。つまり、繊細な蝸牛内組織を温存すると同時に蝸牛全体刺激が可能になります。蝸牛全体刺激によって蝸牛全体にFineHearingテクノロジーが届けられ、幅広い周波数の自然な音をきけるようになります。FineHearingテクノロジーは、蝸牛内組織の温存によって繊細な蝸牛が温存されている場合に最大限の効果を発揮します。

以上3つのテクノロジーは単独でも十分な効果がありますが、組み合わさることで生まれる相乗効果がメドエルの人工内耳装用者へ優れたきこえを提供します。

次のステップへ

人工内耳の手術について詳しくは、人工内耳の4つのステップをご一読ください。人工内耳の手術を実施している医療機関の紹介やMED-EL人工内耳についての詳しい情報は、メドエルジャパンまでお問い合わせください。

麻酔と人工内耳

人工内耳の2つ目のステップが、埋め込み手術です。これは全身麻酔下で行われる手術です。麻酔と人工内耳について不明な点があれば、ロマン・ジャーマン麻酔専門医による解説をお読みください。

 

 

メドエル支社のお問い合わせ先はこちらです。

世界のメドエル支社

  1. Speech Perception with Cochlear Implants as Measured Using a Roving-Level Adaptive Test Method
    Haumann S;Lenarz T;Buchner A, ORL J Otorhinolaryngol Relat Spec , 72(6), 2010 Sep 15, p. 312-318
  2. Speech Discrimination Scores Using the Latest Generation of Speech Processors
    Brough J;Walker A;Mawman D, Cochlear Implants Int, 11 (Suppl.2), 2010 Sep, p. 119-124

© 2017 MED-EL