MAESTRO®のしくみ

MAESTRO®人工内耳システムは、日常的に発生する様々な音を刺激パルスへと変換します。 刺激パルスは、直接蝸牛内の神経繊維を刺激します。 聴神経がこの信号を脳へと伝達し、信号はそこで音として認識されます。

インプラントは、非常に高速で連続的に刺激を与えます。 脳が音の情報を瞬時に受け取るので、音がするのと同時に聞こえるのです。

  1. オーディオプロセッサ内の小型マイクが音を拾い、電気信号に変換します。
  2. 音は分析され、特殊なデジタル信号に変換されます。
  3. この信号が送信コイルへ送られ、皮膚を通してインプラントへと送信されます。
  4. インプラントは信号を刺激パルスに変換して、蝸牛内の電極へ送ります。
  5. 刺激は聴神経から脳に伝わります。脳が刺激を音として解釈します。

© 2017 MED-EL